古い赤本にある価値

古い赤本にある価値

1990年代の赤本などはもはや価値を失ってしまっていて、確かに一般的な古本屋などでは買取を行ってもらう事ができないでしょう。

一般の書店で買い取ってもらえるような場合であっても、古い赤本というものは価値がどんどん下がってしまうというものです。

しかしながら赤本などをはじめとする、参考書の専門買取店では、1990年代を含んだ、それ以前の赤本や問題集、参考書に付いて、その“貴重性”から買取をしてもらう事ができるようになっているのです。

例えば予備校や塾の蔵書などでも良いものとなっていて、塾名のハンコが押されているような場合でも良いとされています。一般的には買取できないものなのですが、こうしたものもOKだったりします。